美味しいから嬉しい、毎日が楽しくなるレシピをお届けします

人気キーワード

納豆 ワインに合う オリーブオイル 和食

紫カリフラワーといくらのライスサラダ

紫カリフラワーといくらのライスサラダのレシピ・作り方です

カリフラワーの紫、いくらの赤、ゆずの黄色と秋の紅葉のような彩りと柚子の香りまで楽しめるちらし寿司のようなライスサラダです

2021.9.26

材料1人分

ご飯 200g
カリフラワー(先のつぼみの部分だけ) 70g
いくら(醤油漬け) 40g
ゆずドレッシング(フレンチタイプ) 50g
少々

作り方

1.

材料です

2.

カリフラワーは先の花の部分だけをとり、小さく分けます。

3.

温かいご飯に、カリフラワー、いくら、「ゆずドレッシング」を加えて
混ぜ合わせ、塩で味を整えます。

ポイント

カリフラワーを生のままライスサラダにするため、贅沢に穂先だけを使いました。
カリフラワーの先っぽだけって、とっても美味しいんですよ。
ゆず皮の千切りを散らすとおしゃれな一皿になります。
いくらと柚子皮とカリフラワーの鮮やかな一品はお祝いの席にも使えそうですね。

このレシピで使ったドレッシング・オリーブオイルは?

このレシピを投稿したのは

ほだか村料理びより公式

手作りドレッシングとオリーブオイルのお店

ドレッシングを作り続けて40余年のほだか村がお送りする、
美味しいドレッシングとオリーブオイルをもっと美味しく楽しめるレシピやコラムをお届けするメディアです。

> このアンバサダーの投稿をもっと見る

こちらのレシピもおすすめです

こちらのコラムもおすすめです

やっぱり伊予柑!お料理を爽やかに味変するドレッシング活用レポート

2021.8.17

愛媛といえば伊予柑。
そのままフルーツとして食べるだけでなく、ドリンクやスイーツなどさまざまなものに加工されています。
意外なことに、お料理にアレンジしやすい柑橘でもあるんですよ。

みかんを料理に使うの?と驚かれることもありますが、サラダに使ったり、お肉のソースにしたりと万能なんです。食べやすい甘みとさわやかな酸味のバランス、そして伊予柑ならではの香りが食欲をそそります。

ほだか村では伊予柑を皮まで丸ごと使ったドレッシングを4種類展開していますが、中でも「伊予柑 HIME-LIAドレッシング」はその味とおしゃれなボトルから、ギフトにも大人気。

今回はほだか村お料理びよりのアンバサダーさんたちに「伊予柑 HIME-LIAドレッシング」を試していただいたレビューを素敵なレシピと一緒にお届けします。

> 続きを見る

TOPへ