美味しいから嬉しい、毎日が楽しくなるレシピをお届けします

人気キーワード

納豆 オリーブオイル 和食

企業情報

コーヒー店から始まる物語

ほだか村の母体、株式会社サカワは100年続く黒板メーカーです。

昭和51年12月8日、現有限会社穂高村代表坂和照子の母が、当時愛媛県松山市にて黒板屋のビルを建て替える際、1階でコーヒー店「穂高村」を始めました。

メニューの軽食に手作りドレッシングを添えるとお客様の評判となり、「販売して欲しい」と言う声が多く寄せられたのです。
これが、ほだか村のドレッシング製造のはじまりでした。

日増しに強くなるお客様からのご要望とは裏腹に、「手作り」のドレッシングを販売する不安がありました。
製造場所のこと、商品のこと、試行錯誤を繰り返し、ドレッシングを販売できるようになるまでに3年を費やしたのです。

代表メッセージーー「手作り」であることへのこだわり

「私は、商品を見るとやはり成分表示に目がいきます。
よく判らない添加物が入っているのは何かなじめませんでしたし美味しく感じませんでした。
母は料理が得意で創意工夫があり全て手作りで食べさせてくれたからかもしれません。
家庭にあり誰もが知っている素材で簡単に作れるドレッシングを作りたいといつも思っています。」 
穂高村代表坂和照子

食に係る仕事をするものとして食を通して家族団欒を想い描いています。
そして、わたしたちほだか村のドレッシングで家族団欒が作れたらと願っています。
わたしたちのドレッシングは手作り。
これはビルの1階で始めた時から変りません。(現在、工場は東温市にあります)
工業的に製造するのではなく、家族団欒を思い浮かべて1本1本作っていくのが穂高村スタイルです。

ドレッシングで叶える豊かな食卓

近年、仕事が忙しい、家族の生活リズムがバラバラ、などの理由で、
特に若い世代で家族と一緒に食事をすることが難しくなっています。
忙しくても、食卓を囲んで家族団欒の時間を持ちたいと願う人もまた、多くいらっしゃいます。

時間がない中で準備するお料理。
体に優しい素材で手間なく美味しく作りたい。

そんな時に、ほだか村の手作りドレッシングを使っていただきたいのです。

中食やスーパーのお惣菜でも、お皿に盛り付けてドレッシングをかける一手間で素敵なお料理になります。
そのドレッシングが、無添加で素材にこだわったナチュラルなものだとしたら、きっと心も満たされます。
味を楽しめるのはもちろんのこと、家族の会話がもっと弾むのではないでしょうか。

ドレッシングは野菜にかけるだけのものではありません。
和えたり、マリネにしたり、パスタにかけたり・・・ 驚くことに、肉料理や魚料理のソースとしても活躍します。
つまり、ドレッシングは「正しく食卓にあってよい便利な調味料」なのです。

幅広いアレンジが楽しめるドレッシング。
ほだか村の手作りドレッシングを使って、ご家族の好みに合わせた「ドレッシング+◯◯」を見つけてください。

商品開発へのこだわり

素材へのこだわり

愛媛県産を中心とした新鮮で安心な食材を使用しています。
農産物が育つ環境にもこだわり、納得いく素材が見つかるまで商品化できません。

味へのこだわり

日々研究を重ねて、美味しくて体に優しい味を追求。
かけるだけでご馳走になる、「ちょっと違う」味を目指しています。
ほだか村にしか出せない自慢の味です。
お客様にもっと楽しんでいただけるよう、ドレッシングと相性のいいレシピも開発しています。
小ロットで1本1本手作りのこだわり 製造はもちろん瓶に詰めてラベル貼りまで、1本1本手作業で行っています。 人の手でしか作れない味や、目で見ることでの重要さを大切にしています。
TOPへ